カーペット選びのポイント

カーペット選び

カーペット選び

大切な室内装材でもあるカーペット

カーペットは、壁紙や壁の色彩と同様にお部屋をコーディネイトする上においては、とても大切な室内装材と言えます。しかもその歴史性は相当古くから人々の生活には欠かせない存在となっております。その顕著な例が高級絨毯で有名なあのペルシャ絨毯でしょうね。そうしたカーペットを購入される際には、色や素材を始めとして、機能性や後々のメンテナンスやお掃除などのことまで想定しながらカーペット選びをする必要性があるのではないでしょうか。

使用用途によるカーペット選び

それでは具体的にカーペットを選択する上におけるポイントなどを簡単に挙げてみたいと思います。

カーペット選びのポイントとして、お部屋を使用する用途なども大きな影響を持つと言えます。例えば女性の一人暮らしの場合などには、毛の短い堅い印象のカーペットよりも毛の長いカーペットを比較的好まれる女性が多いようです。お仕事などで疲れて帰った際に、身体を横たえるとやさしく包み込んでくれるような素材のカーペットなどは、女性にとっては大変うれしいでしょうね。それまでのお仕事でのストレスや身体的な疲れも癒されるのではないでしょうか。
ただしそうした素材のカーペットの場合には、長めの毛にゴミなどが絡みやすいために、お掃除が大変といったデメリットも想定されます。従って、お掃除が苦手であまりお掃除などには手間暇をかけないといったタイプの方には、お勧め出来ないようにも思います。そうした方には汚れが落ちやすいナイロンやポリエチレン系の化学繊維素材のカーペットがお勧めです。しかも毛も短めで比較的堅めの素材からなるカーペットの方がゴミが絡みにくいのでよろしいのではないでしょうか。

家族が一堂に利用するリビングについてですが、近年ではフローリングの床材が広く普及しています。さらには床暖房設備を備えたお家も多くなってきています。そうしたフローリング床材を保護したり、床暖房設備をサポートするような役目もカーペットにはあるのではないかと思われます。やはり家族が多く出入りされるお部屋などは、フローリングの場合にはすぐに床面が傷みやすいですし、そうしたフローリング床材の短所を十二分にカーペットが補ってくれるのではないでしょうか。
次に気になるのは子供さん専用のお部屋です。やはりお母さん方のようにお掃除のことなど頭の隅っこにすらないでしょうから、汚れにくい素材や万が一汚れても汚れが落ちやすい化学繊維系素材のカーペットが断然お勧めです。近年では工業技術もめまぐるしく進歩しておりますので、撥水加工を施した素材からなるカーペットなども多く出回っています。
その他にも和室などでも近年ではカーペットなどを敷くことによって、高価な畳を痛めない一工夫をされている御家庭も多くなっているようです。もちろん大切なお客様などをおもてなしする際には、日頃お使いのカーペットをしまって本来の畳のお部屋に戻すことも可能です。こうしたお部屋ごとにカーペットを上手に使うことも現代人としては、大切なポイントではないかと思うのです。

また、ペットなどを飼われているお家などにおいてもフローリングの床の上を4本の足を滑らせて走り回る姿は、なんとも痛たましいでしょうね。やはり足がすべらないようなペットに優しい素材のカーペットにしてあげたいのではないかと思います。その他にも楽器などをよくお使いになる方には、フローリングの床素材よりも防音性のあるようなカーペットを敷かれたお部屋の方が防音効果があるので、カーペットを床に敷くか敷かないかでは雲泥の差があるでしょうね。
とりわけ一戸建てのお家にお住まいの場合にはさほどお隣近所に対する気使いは要らないかもしれませんが、マンションやアパートにお住まいの方の場合には、とりわけ防音効果のあるカーペットが断然お勧めです。さらに子供さんがまだ小さい御家庭においてもフローリングの床よりもカーペット素材の床にされた方が、万が一転んだ際にも大けがにならないで住むでしょうね。

こうして使用する用途によっても、どのようなカーペット素材が良いのかどうかを随分と考えさせられますね。

Follow me!