ウールカーペットの魅力と特徴

ウール

ウール

カーペットのいろいろな素材

カーペットの素材は大きく分けるとウールなどの天然繊維、アクリル、ナイロン、ポリプロピレンなどの化学繊維に分類されます。ウールは非常に多機能能で優れた素材であるため、カーペットの素材として広く使われています。化学繊維は価格がリーズナブルなものが多いため、手頃な価格で購入できます。
また、綿はとても肌触りが良く日本人に馴染み深い繊維で、価格もリーズナブルですので人気があります。縮みやすいというデメリットがありますが、ラグの素材としてよく使われる天然繊維です。綿100%だととても触り心地が良く人気があります。

絨毯の素材としてウールは古くからよく使われており、現在も多くの絨毯に使用されています。

ウールは合成繊維と違って自然の繊維であるため健康に良い素材であり、肌触りがとても良いという特徴を持っています。絨毯は何度も踏まれるうちに毛がヘタってしまいやすいですが、ウールは毛がヘタりにくいため人がよく出入りする場所に敷いても長持ちします。価格が少し高めですが長持ちしますし肌触りも良いためラグやカーペットの素材として人気なんですね。

ウールは調湿機能を持った優れた素材

ウールは保温性、吸湿性、防汚性、耐久性、防炎性を持ち、空気を浄化する機能も兼ね備えています。他のカーペットの素材は一長一短がありますが、ウールは非常にバランスが良く複数の長所を兼ね備えています。ペルシャ絨毯でもウールがよく使われており、デリケートなシルクよりも耐久性に優れているため人がよく出入りする場所に敷くことができます。ウールは手触りも非常に良く、弾力があるため踏み心地も抜群です。
また、調湿機能を持っているため、室内の湿度を調整する役割も果たしてくれます。室内の湿度が高ければウールのカーペットが水分を吸収し、湿度が低く乾燥している場合は水分を放出してくれます。空気を多く抱え込むことができるため断熱性に優れており、夏でも冬でも気にせず使えます。弱点としてダニなどの害虫に弱いですが、最近は防虫加工されているカーペットも多いです。
冬は断熱素材として冷気の伝導を防ぎ寒さを和らげてくれます。夏はウールの繊維がエアコンの冷気を含んで涼しさを保ってくれます。冬も夏も快適さを与えてくれるウールという素材はとても優秀です。

また、ウールは吸湿性にも優れています。日本は梅雨になると雨が多くなり室内に湿気が溜まってしまい不快な心地になってしまいますが、ウールはその優れた吸湿性によって湿度を吸収し不快さを軽減してくれます。
湿度を吸収するにも関わらず表面はジメジメした感じがありません。その理由は、ウールの内側は吸湿性に優れている反面、表面は水をはじくという性質があるからです。これは、相反する性質が同居しているウールならではの特徴です。
他にもウールは汚れにくく、ホコリが舞いにくいという特徴や音を吸収する特徴も持っています。古くから親しまれてきたウールという素材は、非常に優秀であるため絨毯の素材としてよく使われています。

Follow me!