ペルシャ絨毯の正しい選び方お手入れ方法や安く買える展示会イベントをご紹介します。

ペルシャ絨毯の文様

ペルシャ絨毯には、伝統的なものから斬新なモチーフまで、様々な紋様が描かれています。絨毯の産地によって、デザインされる文様には違いがあり、その土地のカラーを感じることができます。

メダリオン

メダリオン文様絨毯の中心部に描かれることの多い、大きな多角形型の文様。メダリオンの細かいデザインは絨毯ごとに違いますが、絨毯のデザインの要とも言える 文様です。メダリオンを中心として様々な文様が絡み合い、複雑で美しい、ペルシャ絨毯の世界を生み出していきます。

エリスミ

渦を巻いているように繋がっている蔦の文様。永遠の生命を表しています。歴史的な建造物にもよく使われている文様です。この文様が日本に伝わり、唐草模様となったと言われています。エリスミは、ペルシャ絨毯のフィールドやボーダー部分(絨毯の各部の名称については次章で詳しく説明しています)に描かれます。

ボテ(ペイズリー)

ペイズリースコットランドの町、ペイズリーが語源。松ぼっくりや糸杉をモチーフとして作られた文様です。日本では、ボテよりもペイズリーの名のほうが一般的ですね。ボテの文様は、様々なバリエーションがあり、ペルシャ絨毯には多く使用されます。サファヴィー朝の王冠にも、この文様がつけられていたそうです。

ヘラティ

ヘラティ別名マヒ(魚)文様とも言われています。その名の通り、小魚を連想させる形です。タブリーズの絨毯によく見られる文様です。ペルシャ、ホラーサーン地方、ヘラト生まれのデザイナーの名がつけられたと言われています。

メヘラブ

メヘラブ文様イスラム教モスクの尖塔をモチーフとした文様。両側には柱、その下に樹木や花瓶などが描かれます。イスラム教徒にとって特別な意味を持つこのデザインは、神聖なものとして祈祷用の絨毯にも用いられています。イスラム教徒の人達にとっては、とても馴染みの深い文様とも言えるでしょう。

へシティ

ヘシティ文様長方形や正方形のタイルを並べたデザインです。タイルの中には柳の木、糸杉、花、動物などが緻密に描かれます。小さな庭園が絨毯の中にいくつも存在するかのようで、庭園文様と呼ばれることもあります。

ゴル・ボル・ボウル

ゴル・ボル・ボウル春の楽園を表している文様。サファヴィー朝からの伝統的なデザインになります。絨毯全体を覆うように描かれた花々や鳥が、とても華やかで美しい印象です。緑の少ない土地に住む絨毯職人たちにとっては、生命力の象徴でもあり、緑でむせ返る春の様子は、まさに憧れだったのでしょう。丹念に描かれている美しい花や鳥の様子から、製作者の想いが伝わってくるようです。

シャー・アッバス

サファヴィー朝シャー・アッバス1世の名に由来する文様。バラ、ダリア、ザクロなどの花の断面図をモチーフにデザインされた文様です。

ゴンバット

ゴンバット文様円状に広がりを見せるデザインが美しい文様です。小さな模様が円形に並べられ、広がっていく様は、どこか崇高なイメージも感じさせます。モスクの天井のモザイクタイルに装飾されている文様で、ペルシャ絨毯では頻繁に使われるモチーフです。

モハラマド(ストライプ)

モハラマド文様現代でいうストライプ模様のことです。あまり複雑な紋様ではありませんが、ストライプの幅を意図的に揃えないことで、絨毯のデザインに変化が生まれています。文様の中にさらに様々な緻密な模様を描くことで、より美しい図案に仕上げられています。

ヘンデスィー(幾何学的文様)

ひし形や八角形などの多角形や、その変形した形が並ぶ文様になります。

生命の木(ツリーオブライフ)   

生命の木文様生きる喜び、長寿祈願、子孫繁栄を象徴する文様です。左右に広がり、大地にしっかりと根を張る樹木、樹木に咲き誇る花々が、華やかな世界を作っています。特に決まった樹木が描かれているわけではなく、バリエーションは豊富にありますが、昔からの伝統的な絨毯では、左右対称に枝を広げる樹が多く描かれています。

ゴルダニ(花瓶文様)

花瓶文様装飾的なデザインの花瓶に花が活けられている文様。花瓶から溢れるほどに描かれた花々が、美しく絨毯を飾ります。様々なタイプの文様と組み合わせて使用される例が多いようです。

狩猟文様

狩猟文様ハンティングの様子を図案化したもの。馬に乗った人物が鹿や兎、獅子などを追いかける様、弓矢で狙っている様子などが活き活きと描かれています。とても躍動感のあるデザインとなっています。古代ペルシャでもハンティングは、王族にとって日常的に行われていた娯楽で、この文様は昔から描かれてきた伝統的なものになります。

ピクチャー

その名の通り、風景や人物、動物などを絵画的に描いているデザインとなります。詳細に描き込まれた図案は、タピストリーとしても人気となっています。

オールオーバー

一つの文様を、絨毯全体に規則的に並べている図案です。ボテ、モハラマド、ゴルダニ、ヘンデスィーなどの文様が使われます。繰り返し文様を並べることにより、整った印象の、落ち着きのある絨毯となります。

その他にも、ペルシャ絨毯には、各絨毯産地のデザインを組み合わせて作られた図案が存在します。そのバリエーションは100種類ほどと、とても豊富です。

[event]


お問い合わせはインテリアプラスへ TEL 03-5985-8313 受付時間:月〜金 11:00〜17:00

PAGETOP