ペルシャ絨毯のデザイン

ペルシャ絨毯のデザイン

ペルシャ絨毯のデザイン

ペルシャ絨毯の人気は、何といっても豊富なデザインと、緻密な織り方によって仕上げられたパターンの豊かさでしょう。ペルシャ絨毯のデザインは、円形などの形を使った幾何学を特徴していますが、模様には、アラベスク文様、唐草模様などが多く採用されています。

特にアラベスク文様は、ペルシャ絨毯らしい文様となるもので、幾何学模様が反復するパターンは、イスラム教の世界観をよく表しているものとされています。絨毯の配列や構成は、イスラムの無限性を表現するものとなっています。
ペルシャ絨毯は、今から300年から400年ほど前に、地方で作られるようになってから、絨毯のデザインが増えたとされています。そのほとんどは、直線的な文様を特徴としているものですが、ペルシャ絨毯の文様は、絨毯の産地や家系によって継承されたデザインで織られているそうです。これらは、作者の経験をもとに作成されていますが、曲線やサイズを変えるときは、下絵を使って作るようになっています。

[event]

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください