湿気に弱いペルシャ絨毯を長持ちさせるためにすべきこと

ペルシャ絨毯の湿気

ペルシャ絨毯の湿気

一般的に絨毯は湿気に弱いと言われています。もちろん、ペルシャ絨毯も同様に湿気に弱いという弱点があります。
特に湿気の多い日本ではペルシャ絨毯の取り扱いに注意が必要です。
敷きっぱなしにしておくと湿気がたまり生地が腐食して修復できない状態となる可能性があります。
湿気がたまらないように定期的に裏返して湿気を取り除いてあげましょう
ただし、ペルシャ絨毯は日光で変色することがあるため天日干しよりも日陰干しで湿気をとってあげる方が良いでしょう。ペルシャ絨毯を外で干すなら、裏返しにした状態で風通しが良い日陰で干しましょう。

多湿な日本ではペルシャ絨毯に湿気がたまるのはある程度仕方がないですが、水分のあるものの近くに置かないという配慮も必要です。
ペルシャ絨毯を裏返して湿気を飛ばす時はついでに掃除機もかけて清潔にしておきましょう。
湿気が高くなるとダニが存在する可能性が出てきます。できればこまめに絨毯の裏側も掃除して乾燥させましょう。

ペルシャ絨毯は耐久性に優れていますが湿気に弱いということ、湿気によって腐食したりダニが生息する可能性があるということを知り、室内の湿気が多いなと感じたら裏返して湿気がたまらないようにしてあげましょう。

[event]

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください