ペルシャ絨毯の耐用年数はどれくらい?

ペルシャ絨毯

ペルシャ絨毯

ペルシャ絨毯は80年以上経っても使えるものがあります。

ペルシャ絨毯は古いもので80年以上経過してもなお使用ができるほどの耐久性を持っています。質や使用素材によって耐久年数は異なりますが、100年以上経過して非常に高値がついているアンティークのペルシャ絨毯もあります。
日本では室内では靴を脱ぎますが、室内でも靴を履く海外で100年以上も使用可能なのはペルシャ絨毯ぐらいです。
本物の手織りのペルシャ絨毯は耐久力、耐用力に優れているため、良いものを買えば安いペルシャ絨毯を何度も買うよりも結果的には安くつくかもしれません。
ペルシャ絨毯の経年経過による色の変化は味わいのひとつでもあるため、10年、20年それ以上耐用するだけのペルシャ絨毯なら購入時とはまた違った顔を見せてくれることでしょう。

シルクは繊細な素材なので人が多く出入りする場所だと傷みやすいため、書斎や来客室などが最適です。
日の光に当たると変色してしまうこともあるため、日光が当たる場所を避けるという配慮も必要です。
耐用に優れているとは言えパイルがダメージを受けたり、耳の部分がほつれたり湿気で腐食することもあるため、定期的なお手入れや使用環境を考慮しなければなりません。
ペルシャ絨毯の専門業者に水洗いやクリーニングを依頼しましょう。破損やほつれ等に関しても専門業者で修理が可能です。これは本物の手織りによるペルシャ絨毯の場合のみです。機械織りや産地を偽装した形だけのペルシャ絨毯ではこれだけの耐用年数は維持出来ないでしょう。

[event]

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください