ペルシャ絨毯の穴開きや日焼けはメンテナンス業者が修復してくれます。

ペルシャ絨毯

ペルシャ絨毯

ペルシャ絨毯を汚してしまったり、虫食いなどによって穴が開いてしまった時は専門のメンテナンス業者に修復してもらいます。

食べ物をこぼしてしまったりシミになってしまった時にゴシゴシとこすって汚れを落とそうとすると、ペルシャ絨毯のパイルが傷めてしまいます。水分をよく絞った雑巾で軽く拭きとっても取れないような汚れは、無理に自分で落とそうとせずにクリーニングをしてもらう方がペルシャ絨毯にとって良いでしょう。
定期的にクリーニングに出して汚れやダニを落としてもらうことも必要ですね。

穴が開いてしまったからといって諦めることはなく、修復可能な程度の大きさならメンテナンス業者で穴を塞いでもらえます。とりわけ穴を開けるようなミスをしなくても、摩擦が多い箇所は穴が開いてしまうことがあります。
ペルシャ絨毯の修復ができる職人さんがいるメンテナンス業者に任せれば、ちゃんと穴を塞いでくれます。

日光によってペルシャ絨毯が日焼けしてしまった時もまたメンテナンスは可能です。
日焼けの程度によりますが、専用のカッターで表面を削ることで日焼けの修復をしてくれます。シルク絨毯は毛足が短いので難しいかなと思われるかもしれませんが、修復可能かどうか業者に一度見てもらいましょう。

[event]

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください