手織りのペルシャ絨毯は全て一点物で同じ物は他に無いことの意味をよく考えてみる。

ペルシャ絨毯は一点物

ペルシャ絨毯

手織りのペルシャ絨毯は、機械織りと違ってひとつひとつ手織りで織りこんであるために全て一点物になります。
よく考えてみれば当たり前のことです。人がハンドメイドで作ってるので当然同じものは存在しません。
機械織りと違いオリジナリティーにあふれています。しかも、年月を掛けて丁寧に手織りで織っているためにその色合いや模様の美しさの魅力はひとつひとつの絨毯で全く違ってきます。

織り子と呼ばれる若い女性が、その感性と情熱を全て注ぎ込んで数ヶ月、長い時は数年を掛けて作り上げるのです。織り子も若い女性であることが重要だそうです。きめ細やかな感性とセンス、そして集中度。人生で一度しかない大切な時期をペルシャ絨毯の製作につぎ込んでいるのです。
もちろん、生活の為に絨毯を作っているのでしょう。でもペルシャ絨毯に対しての愛情や思い入れが無かったらこれほどの物ができるでしょうか?
もし、いつか手織りにペルシャ絨毯に接する機会がありましたら、その事を少しで良いので思い出して下さい。

本物のペルシャ絨毯は世界にひとつずつしか存在しません。

[event]

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください