ペルシャ絨毯の基本とお手入れ

ペルシャ絨毯のお手入れ

ペルシャ絨毯のお手入れ

ペルシャ絨毯のおさらい

ペルシャ絨毯は、ペルシャで古くからつくられてきた絨毯です。今でも綿や羊毛を使ってつくられています。もっとも古い絨毯では、2500年前のものが現存しているそうです。
手織りのペルシャ絨毯は、世界中で人気があり、緻密な織り方がされた手織り絨毯は、高価なものとなっています。イランでは、石油に続いてペルシャ絨毯が多く輸出されています。このように伝統工芸が、重要な産業となっている国は非常に珍しいものですが、それだけペルシャ絨毯が、文化的に価値が高いものとして評価されているということでしょう。

ペルシャ絨毯のお手入れ

高価なペルシャ絨毯でも、その多くは絨毯として使われます。そこで、絨毯は、靴や足で踏まれることから、汚れたり、黒ずんだりします。絨毯は、お手入れやクリーニングが必要となりますが、玄関などに敷いている場合は、ぬるま湯に少し中性洗剤を入れて、雑巾で目地に沿って、ふき取ることがよいとされています。

しかし、ペルシャ絨毯は、長く使うと黒くなってしまうことから、なかなか汚れが取れにくくなります。そこで、この雑巾がけは、月に1回程度行うことがよいとされています。
お部屋の中で使う場合では、裸足で踏まれることが多くなります。裸足で使っているときは、絨毯に汗や油がつきやすくなりますので、年に1度ぐらいは、ふき取るなどのメンテナンスが必要とされています。
ペルシャ絨毯は、コーヒーやジュースなどをこぼしてしまった場合でも、お手入れが必要ですが、汚れが染み込まないように、常に掃除機を使って掃除することも必要でしょう。ペルシャ絨毯は、適切なお手入れを行なうことで、長持ちするようになります。

[event]

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください