手織りのペルシャ絨毯はダニが繁殖しにくい理由

ペルシャ絨毯

ペルシャ絨毯

一般的な絨毯はダニが繁殖しやすいですが、手織りの本物のペルシャ絨毯は実はダニが繁殖しにくいのです。
同じ絨毯でありながらダニが繁殖しにくいのには理由があります。


ダニはカーペットに付いた食べこぼしや人間のフケなどを餌にして繁殖していくため、ゴミが溜まりやすい一般的な絨毯はダニが繁殖しやすい環境となっています。手織りのペルシャ絨毯は裏側にのりが使われていないため通気性がよくゴミが溜まりにくい構造になっています。また毛足が短くて細かく織られているためゴミが溜まりにくいという理由もあります。
もちろんこまめに掃除機をかけるなどしないとダニが発生してしまう可能性がありますが、きちんとお手入れをしてゴミを取り除いてあげればペルシャ絨毯はよりダニが繁殖しにくくなります。

ペルシャ絨毯に湿気が溜まるのもよくありませんので、ダニやカビ対策のために裏返して湿気を飛ばしてあげることも必要です。直射日光をあてると変色するため1ヶ月に1回は陰干し、または裏干しをしておきましょう。

ペルシャ絨毯は肌触りの良さや模様の美しさだけが特徴ではなく、ダニが繁殖しにくい清潔な絨毯なのです。
注意点は機械で織られたペルシャ絨毯はダニが繁殖しやすいため、手織りのペルシャ絨毯を選ぶことです。

[event]

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください