100万円と10万円のペルシャ絨毯の違い

ペルシャ絨毯

ペルシャ絨毯

ペルシャ絨毯イランで生産された手織り絨毯の名称です。
ペルシャというのはかつてのイランの王国名であるため、他の国で作られた手織りの絨毯はペルシャ絨毯以外の名称で呼ばれます。
独特のデザイン、色彩を用いた絨毯として知られており、100万円を越えるものや中には作られてから50年〜100年以上経過して1,000万円を越える価値がついた超高級なペルシャ絨毯もあります。
ペルシャ絨毯は手が届かない高級なものばかりでなく、10万円以下のリーズナブルな価格のものも販売されています。
しかし、安いペルシャ絨毯はイラン製でなかったり、手織りではなく機械織りだったりします。

ペルシャ絨毯は使うほど味わいが増していきますが、安いものだと劣化するのが早いので、長く使うことで色の深みの変化を楽しみたいなら質の良い手織りのペルシャ絨毯を選択することです。高級な手織りのペルシャ絨毯だと80年以上も使い続けられるほどの耐久力を持っているものまであります。通常の絨毯なら80年以上も使い続けられるなんて考えられないことですね。また、手織りのペルシャ絨毯なら、メンテナンスをすることでキレイに使い続けることができます。機械織りの絨毯はメンテナンスが出来ません。

肌触り、デザイン、質感は価格だけでなく生産地によって左右される部分も多く、一口にペルシャ絨毯と言ってもデザインに個性があるためそれぞれ好みが分かれます。
ペルシャ絨毯は個性豊かで質のいいものは驚くほど長く使うことができる、非常に優れた絨毯です。

[event]

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください